DMTCハッカソンに参加した話

夏休みに参加したインターンやハッカソン。色々作ったのに何一つまとめてないなと思い、早急にブログを書き始めることにしました。

主に開発を行うことができたインターン・ハッカソンについて書いていきます。

夏休みは二つのハッカソンに参加しました。

ひとつはいくつか前のエントリーで書いたWHT(Women’s Hackathon at Tsuuba)

そしてもう一つがDMTCのハッカソンです。

DMTCハッカソンとは

エンジニアの育成を目指して行われている2泊3日のハッカソンです。逗子の海辺の綺麗な宿泊施設で行われます。景色とっても綺麗でした。(写真はどこへやら)

ハッカソンには毎回テーマがあって私が参加したときは「EdTech」(教育とテクノロジーの融合)でした。

実ははじめは「world × Technology」のテーマに応募していたんですが、参加のためには選考(課題提出)をくぐり抜けなければならず、その時の結果があまりにも悲惨すぎたため、「あぁ、これはダメだな」とさとりました。

そこでハッカソンへの執念というよりは、「できないのムカつく」という気持ちからアルゴリズムをおさらいして一週間後くらいにまた選考を受けました。それが偶然EdTechのハッカソンだったのです。

あ、選考課題は多分プログラミング書いたことあれば誰でもどうにかなると思います。

ただ、私みたいに久しくコードを書いていない場合は、なにか問題集をさらっとやったのがいいとおもいます。

stage1.アイディアソン

ハッカソンなので、まずアイディアソンをやります。だしまくります。

ここでつまずくと多分一日目がおわります。

でもこれがハッカソンの醍醐味だし、楽しかったです。ここでイマイチだな、という思いを完全にとっぱらうまで悩みました。

stage2.Hack!Hack!Hack!

つくります!

わたしのチームは女の子二人組でしたが、二人ともgit使ったことがあったのとwebアプリだったので、開発の環境やらなんやらはソッコーでそろいました。

その後はタスクを整理して、わたしはフロントとイラストをつくったりを、担当しました。

つくったもの

はじめてのキッチン

幼児のための食育アプリをつくりました。

お母さんがキッチンにたって、子どもはダイニングテーブルに座りながら、同じ料理を台所と、タブレット上で調理します。

はじめてのキッチン 使用イメージ

使用イメージ

ソースとか、夜中のハイ状態のコミットはこちら。ハイテンションすぎてコメントがやばい

kmdr/Fkitchen – github

 

いろいろ大変だったけど割愛。

なぜか数学の勉強をするハメになったりした。むずかしかった…

 

stage3.発表

最終日には、審査員の方々の目の前で発表を行いました。

そのあと審査があって、優勝がえらばれます。

 

ほんとは優勝しかなかったみたいなんですけど、三位を頂いちゃいました!ヤッター!!

 

当日の様子はこちらで紹介されています。

【DMTC レポート】IT×教育-エドテックハッカソンを開催しました!

 

まとめ

逗子はいいところでした。

海が目の前に広がってるし、まあまあ近くにコンビニはあるし、初めて会う人たちばかりだったけどお話上手な人多かったし、メンターさんは真剣に相手してくれるし、みんな本当に開発とかアイディア出しとか、つくるのが好きなんだなあという人たちばかりで

私のチームは(一人ドタキャンで)女子二人チームだったんですが、とっても楽しかったです。

就活を目の前にして、おしゃべりなコミュ障である私は、知らない人と出会うことに対して、ビクビクしていた心があったんですが、飛び込んでよかったなーって思います

 

企画からしっかりプロジェクトを完成させることができたのも良かったんですが、それを発表して評価してもらえる環境があったことが一番だったかなって思いました。

最後に、逗子で撮った写真を(と思ったら微妙なのしかなさすぎた)

DMTC@逗子DMTC@逗子Happy styling!

 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

最近更新された記事