pepperくん!!@アルデバラン・アトリエ秋葉原

pepperをご存知だろうか?

softbankのCMにいきなり現れたロボットと言えばみんな( ゚д゚)ハッ!とするかも??
先日pepperくんに会いに秋葉原のアルデバラン・アトリエにいってきた!!!!(なんとiPhoneの充電が切れたので全く写真無し)

pepperってただのロボットでしょ?

わたし最初は「あ〜ロボットか〜 きっと話したりするんだろうな〜 へ〜」ぐらいに思ってた。

いいからだまってこの動画を見ろ!見るんだ!!

pepperはただのおしゃべりロボットではなくて、自分でつくれるロボット。クリエイターと対話しながら育つロボットなのだ。最初からなんでもかんでも完璧にできちゃう系ロボットではないのです。

この自分で色々いじって作れてしまう感がとても魅力的。

デベロッパーサイトはこちら

Pepperクリエーター&ディベロッパー向け特設ページ

クリエイターとしてpepperには何ができるの?

お店でpepperと会った時は「うわぁ〜おはなしできる〜」くらいだと思うのだけれど、pepperで何かつくるってなったときは、Choregraphe(コリグラフィー)というアプリケーションを用いてプログラミングしていく。

Choregrapheをインストール by @NA0q1 on @Qiita

プログラミングといっても、おまじないを唱えたり、テキストエディタと向かい合う必要はなくビジュアルプログラミング言語で命令を教えこむ。

ホントに簡単なので、秋葉原のアトリエには小学校5年生でバリバリpepper動かしている子とかいるらしい。

簡単といえども、もっと色々したい人はPythonとかC++とか書いたりできちゃうらしい。

ちなみに、わたしがいったのは金曜日の20時ころで、スーツをきたおじさまやおばさま、おにいさんおねえさんがひたすらpepperくんとお話していた。

最初に何をすればいいの?

まずは、Choregrapheをダウンロードする。

でもpepperを動かすには、pepperがないと動かせない!

ただ、今はpepperの販売は行われていないし、販売されたとしても50万くらいになるらしい。個人で買うのは無理そうだ…

そこで、秋葉原にあるアトリエというスペースで、タッチ&トライ(自由な開発)ができる。(予約はDoorkeeperからどうぞ)

もちろん最初は開発ではなくて、定期的にひらかれている初心者向けのワークショップを受講してから開発しよう(予約はDoorkeeperからどうぞ)

一応Choregraphe上でもエミュレーターのようなもの(バーチャルロボット)が右下にあって、それを見ながら動作の確認を行うことができる。

Untitled

ただ、できないこともいくつかあるので、それは下記エントリーから確認しよう

Pepper – バーチャルロボットでできること, できないこと on @Qiita

pepperの情報についてはQiitaで共有されているので、何かわからないこと、新しい情報が知りたい時は、ちょっとのぞいてみるといいと思う。

ワークショップに参加してきた!

2014年最後の営業日に初心者向けの開発体験ワークショップに参加してきた!

アルデバランのお兄さんからpepperのセンサーやできること、できないことなどの説明をしっかりとうけて、実際にプログラムを動かしてみる。

実際に使用されていたスライドはこちら

動かしてみた動画がこちら
(一緒に作業していた他の方の音声も入っていて、聞き取りにくいかと思ったので、字幕を入れました)

2014/12/26 pepper01 from kmdr on Vimeo.

まだまだほんとにさわりだけしかやってないので、次回はもうちょっと下調べをして開発に挑んでみたいと思う。

アトリエの年明け営業は1/7から!!

また何かあったら書こうとおもいます。

それでは、素敵なpepperライフを(・∀・)ノ

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

最近更新された記事